示談書・協議書・合意書・誓約書の作成

不倫やセクハラを解決するための協議書

不倫(不貞行為)

昔から既婚者の不倫トラブルは多く起きている問題ですが、近年では携帯電話やスマートフォンの普及もあって秘密で連絡をとるのが容易になり、不倫のハードルが下がっているようです。

不倫については、次のようなご相談を承ることが多いです。

・秘密の不倫関係がバレて家庭内で揉めてしまい困った
信じていた夫(または妻)が不倫をしていてショックを受けた
浮気相手との交際が発覚し相手方配偶者から慰謝料を請求された
不倫関係を解消したいが交際相手が納得しない

こうしたトラブルが発生すると、どうしても感情的になってしまうものです。
それでも、いつまでも落ち込んだり非難を続けているだけでは問題は解決しません。

必要以上に相手を攻撃しても、そこから得られるものは無いのです。
ある程度、言うべきことを言ったなら、後は冷静になって解決のための行動をするのが大人としての対応です。

不倫の問題が起きたときは、まずは結婚生活を継続するのか離婚をするのかを考えなくてはなりません。
離婚は簡単なことではないので、夫婦で苦難を乗り越えて婚姻生活を継続する選択をすることの方が多いものです。
どうしても耐え難い事情があったときには、離婚という判断もあるでしょう。

離婚ということになれば、不倫をした配偶者と交際相手に対して慰謝料を請求して、離婚後の生活について考えねばなりません。

婚姻を継続する場合は、配偶者と交際相手を確実に別れさせ、夫婦の信頼関係を取り戻すことを優先するべきです。
そのために不倫相手には慰謝料を負担してもらうという解決方法もあります。

どちらの判断をするにしても、後日に問題が再燃しないように示談の条件を決める必要があります。
こうした不倫トラブルの相談や示談書の作成には、当事務所は豊富な実績があります。
不倫問題をスッキリと解決するためにも、当事務所に書類作成をお任せ下さい。

示談書お届け手順

示談書や離婚協議書の作成費用は一律25,000円(税込)です。
但し、公正証書作成の場合は別途料金が必要となります。
詳細は料金のページをご参照下さい。

手順1。申込フォーム。手順2。フォームに情報記入して送信。手順3。24時間以内に示談書をメール納品。手順4。料金は後払い。

お申込フォーム

依頼内容の秘密は行政書士法の守秘義務に則って厳守します。

電話案内