示談書・協議書・合意書・誓約書の作成

不倫やセクハラを解決するための協議書

妻には隠して、不倫の慰謝料請求をされた問題を解決

妻には内緒で不倫をしていて、その交際相手も既婚者であるダブル不倫が、相手方の夫婦だけに発覚してしまうというトラブルは多々あります。
そこで、相手方の夫から慰謝料を請求されて、辛い立場になることもあるでしょう。

不倫は民法上の不法行為になるので、慰謝料を請求されれば法的には支払う責任を逃れることはできません。
(慰謝料の金額があまりに高額な場合は、その金額について減額交渉をする余地はあります。)

交際相手の夫には不倫がバレても、慰謝料を請求された側の夫婦間では発覚していないというケースもあります。
そのような状況では、妻や家族には秘密にしたまま慰謝料を支払い、解決を図るという選択もあります。

もちろん慰謝料を妻に知られないように用立てることが出来なければ、隠し通すことは出来るものではありません。

配偶者が知らない貯金や一時的な借金によって慰謝料を用意できるなら、妻に内緒にしたまま解決を図ることは可能です。
相手方の夫婦が離婚をしないのであれば、慰謝料額は30〜50万円程度とすることが多いので、そのくらいの金額を準備できるなら解決できる見込みは高いといえるでしょう。

しかし、慰謝料を支払った後に、相手方夫の言動によって会社や家庭に不倫の事実が知られてしまうリスクはあります。
また、慰謝料を追加で請求される事態も絶対に避けたいところです。

そのような不安やリスクは、内容の吟味された示談書を用意することで予防できます。

絶対に秘密を守って解決をしたいとお考えの方は、こうした事例で実績豊富な当行政書士事務所に示談書作成をお任せ下さい。

示談書お届け手順

示談書や離婚協議書の作成費用は一律25,000円(税込)です。
但し、公正証書作成の場合は別途料金が必要となります。
詳細は料金のページをご参照下さい。

手順1。申込フォーム。手順2。フォームに情報記入して送信。手順3。24時間以内に示談書をメール納品。手順4。料金は後払い。

お申込フォーム

依頼内容の秘密は行政書士法の守秘義務に則って厳守します。

電話案内