示談書・協議書・合意書・誓約書の作成

不倫やセクハラを解決するための協議書

風俗店での禁止行為をした場合の示談書

ヘルス・デルヘル・セクキャバなどの風俗店では、性交渉の本番や盗撮などは禁止されています。
客側がこれを守らずに違反した場合は、罰金や反省文・誓約書の提出というルールを定めている店舗が多いようです。

特に違反が悪質な場合は、違反者の顔写真を撮影して店舗に掲示したり、強姦や強制わいせつ・暴行などの容疑で警察に刑事告訴を行うケースもあります。

こうした風俗店での違反については、客側と店舗側の双方が出来るだけ秘密にして解決を図りたいという事情があり、罰金を支払って示談とすることが多いものです。

客側としては、不名誉な事実を家族や職場に知られたくないという心理が働きます。
それから、コンパニオンが辞めたなどの理由で、後から罰金や損害賠償金を追加請求される事態を絶対に避けたいと考えます。

店舗側としては、許認可の監督先である警察署で、恐喝などの理由で被害届出をされることを嫌います。
また、違反をした客によって店舗の悪評を流されることも避けたいところでしょう。

このように双方に不安がある状態で解決をするには、両者の不安を解消する内容で示談書を交わし、互いに以後の関わり合いを無くすことが現実的な対処法です。

当事務所では風俗店トラブルについても豊富な示談書の作成実績があります。
風俗トラブルを内密に解決したいとお考えでしたら、当事務所に示談書作成をお任せ下さい。

示談書お届け手順

示談書や離婚協議書の作成費用は一律25,000円(税込)です。
但し、公正証書作成の場合は別途料金が必要となります。
詳細は料金のページをご参照下さい。

手順1。申込フォーム。手順2。フォームに情報記入して送信。手順3。24時間以内に示談書をメール納品。手順4。料金は後払い。

お申込フォーム

依頼内容の秘密は行政書士法の守秘義務に則って厳守します。

電話案内