示談書・協議書・合意書・誓約書の作成

不倫やセクハラを解決するための協議書

日本人が海外で起こしたトラブルを解決する示談書を作成するには

海外で居住する日本人や海外旅行中の日本人が現地でセクハラや傷害事件などのトラブルを起こしてしまうことも多くなっています。
海外では、外国人と日本人の間で起きた問題は、基本的には現地の法律に基づいて対応するしかありません。

しかし、海外に在住する日本人同士のトラブルについては、当事者の合意があれば日本の法律を基準として解決を図ることも可能です。

例えば、海外での日本人同士の不倫やセクハラなどの男女問題、傷害事件、窃盗や横領については、加害者と被害者の間で日本の習慣や法律に基づいて話し合いをして、一定の損害賠償金を支払うことで和解とすることができます。
海外進出した日本企業と日本人の従業員の間でおきたトラブルでも同じです。

しかし、和解の条件や事後の対策などを文書化せずに口約束だけで終わらせていると、事件が解決したという証拠が残りません。
相手方が話し合いで決めた条件を守らないときに、合意内容を記載した文書が無いと対策ができません。
また、事後に気変わりした相手方が現地の警察や司法機関などに訴えをすると、どのような結論になるか予想もつかないという不安も残ります。

こうしたトラブルについては、日本の法律を基準(根拠法)にして、和解の条件を明確に記載した契約文書(示談書)を作成しておいた方が無難です。

当行政書士事務所は、当サイトの申込みフォームより情報を記入して送信して頂くことで依頼を承ります。
日本国内だけでなく、インターネット環境が整備された場所であれば海外のお客様からのご依頼も承っております。
(ただし、日本語のみの対応となります。)
実際に海外に在住される日本人のお客様からのご依頼の実績は多数あります。

申込みフォームよりご依頼を頂ければ、原則として24時間以内にお客様の実情にあった示談書ファイル(WORD文書)を作成し、電子メールに添付して納品致します。

示談書お届け手順

示談書や離婚協議書の作成費用は一律25,000円(税込)です。
但し、公正証書作成の場合は別途料金が必要となります。
詳細は料金のページをご参照下さい。

手順1。申込フォーム。手順2。フォームに情報記入して送信。手順3。24時間以内に示談書をメール納品。手順4。料金は後払い。

お申込フォーム

依頼内容の秘密は行政書士法の守秘義務に則って厳守します。

電話案内