泥酔して駅員やタクシー運転手を暴行し怪我をさせた場合

投稿者: tohyama | Category: 暴行・傷害事件 | コメントをどうぞ

お酒を飲んで悪酔いし、他人を殴って怪我をさせ、傷害事件の加害者になってしまった場合には、加害者側は刑事と民事の両面で責任を問われることになります。

 

特に夜間のタクシーや電車で、運転手や駅員に暴行をする事件は多発しています。

飲酒で酔った上での出来事とはいえ、加害者は責任を免れるものではありません。

 

加害者になった場合は、被害者の怪我の治療費や休業補償費、慰謝料などの民事上の損害賠償の責任が生じます。

 

こうした傷害事件等を話し合いで解決することを民法では和解契約と定義し、世間一般では示談と呼んでいます。

 

示談で解決をすることになっても、加害者側では、損害賠償金を過剰に請求されたり、後日に追加で請求されることが心配のタネです。

 

被害者側では、損害賠償金の不払いをされると困ってしまいます。

また、後日に嫌がらせ(いわゆるお礼参り)をされる不安がつきまとうものです。

 

このように加害者も被害者も示談にあたっては大きな不安を抱えているものです。

そうした両者の不安を解消するためには、示談書を作成して違反時の罰則を定めておくことが有効です。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

※メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です。

*

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)