窃盗犯認知件数の傾向

投稿者: tohyama | Category: 時事問題 | コメントをどうぞ

平成25年度版犯罪白書によれば、最近20年間の窃盗犯の傾向として、自動販売機ねらいは11年(認知件数約22万件,窃盗総数に占める構成比11.6%)をピークに、車上ねらいは14年(認知件数約44万件,窃盗総数に占める構成比18.6%)をピークに、それぞれ大きく減少している一方、万引きは16年まで増加傾向にあり、その後はおおむね横ばいで推移しているようです。

 

自動販売機と自動車については、防犯警報装置や監視カメラの普及が抑止効果として作用している面もあるでしょう。

こうした防犯対策が進んで、自動販売機破壊や車上荒しは逮捕されやすいという認識が広がり、認知件数の減少につながったのではないでしょうか。

 

その一方で、もっとも古典的な窃盗である万引きの件数は横ばいのようです。

スーパーなどの万引き被害額もなかなか減らないようです。

店内監視カメラ設置や万引きGメン巡回など、小売店の対策も進んでいるとは思いますが、容易に出来てしまう犯罪だけに撲滅を図るのは難しいのかもしれません。

 

なお、平成24年の窃盗犯検挙率は27.5%であり、戦後最低であった13年と比べて11.8pt高くなっています。

窃盗は割の合わない犯罪だという認識を高め、中学生や高校生対象の防犯教育を進めていくことで犯罪を抑止し、安全な社会を維持していきたいものです。

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

※メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です。

*

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)